Monthly Archives: 11月 2016

少額融資が可能な学生ローン

学生ローンには一般的な消費者金融のローンとは異なるシステムがいくつかあります。まずは学生を対象としているということで、一般的な消費者金融のローンに比べて利息が低く設定されているという特徴があります。もちろん、銀行に比べれば高いですが、平均的に学生ローンの金利は17パーセントとなっており、これは消費者金融よりも低いものです。

次に、学生ローンの借入限度額は50万円となっているところがほとんどです。学生であれば50万円の借入ができれば大体の希望は通すことができるので心配はいらないものですが、もしもこれで不足するという場合には、消費者金融にローンの借入希望を出して融資を受けることになりますが、可能性としては決して高いとは言えません。

そして、借入額も少額から可能であるというのも特徴です。消費者金融というのはお金を貸してその利息で利益を得て経営をしているため、お金を貸したがる傾向にあります。しかし、学生ローンは返済不能のリスクがあることもあり、少額からの融資が基本となっています。しかし一度借り入れをすれば、そのあとは返済専用のローンとなってしまいなんども借り入れをするということができない点には注意が必要です。

学生ローンの選び方

学生ローンは大手よりも中小消費者金融が融資を行なっているために、名前を知らないところからお金を借りて大丈夫かと不安になる人も多いものです。このように不安に思う人は、これらの消費者金融をヤミ金と勘違いしている人が多いものです。中小消費者金融であっても金融庁が認めている登録業者であれば、貸金業法というお金を貸すにあたっての法律にしたがって運用をしているので安心して利用することができます。

そこで、名前を知らない消費者金融で不安という時にはこの金融庁への登録がされているのかを調べます。登録貸金業者情報検索サービスというものがあり、消費者金融の名前を調べて登録されていることが確認できれば借入先として信頼することができます。

また、借り入れをする先を選ぶ方法として口コミやホームページを参考にすることも有効です。口コミは実際に消費者金融を利用した人のコメントがあるので、問い合わせ前にその様子を知ることができます。そして、ホームページは消費者金融のものだけでなく、比較サイトや紹介サイトをみておけば、その消費者金融の特徴を知ることができるので、利息や返済方法といったことを比較して自分にあったものが選べます。

学生ローンを利用する

社会人になってから急な入り用でお金が足りない、という状態が起こるように学生にもこのような状況は起こるものです。そして、このような現象は大学生の方が多くあるものです。社会人になれば、それなりの収入を得ることができますが、学生は学業の合間のアルバイトで遊ぶお金を捻出するため、その費用はかなり限られてしまいます。それでいて、飲み会や旅行、サークルといったお金のかかる活動が多くあるために、うまくやりくりをする必要が出てきます。そこで、一時的に生活が難しい状態に陥った時に利用できるのが学生ローンです。

学生ローンは学生のみに融資対象を限定したローンのことです。最近はテレビのコマーシャルでも消費者金融のものを多く見かけるようになったために、お金を借りることへの恐怖心が薄れつつあります。確かに、テレビドラマや漫画で見るような法外な利息での融資をされたり職場や自宅へ取り立てに来て嫌がらせをされるような場面は無くなっています。

しかし、学生ローンを行なっているところというのは、このようなコマーシャルを行なっている大手の消費者金融ではなくもう少しマイナーなところが多いです。そのため、知名度の低さから不安に感じる人も多いものです。しかし、きちんと借入先を選べば怖いことはないですし、安心して借りることができます。そこで、ここでは消費者金融の選び方とその中でも重視したい少額融資をしてもらえる学生ローンについて紹介をしていきます。